FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アット・ホーム・アット・ザ・ズー

athomeatthezoo

観てきました。「アット・ホーム・アット・ザ・ズー」
この日を首を長くして待っていた私。
前記事にも書いたとおり、二日連続での観劇でした。

劇は2幕からなっておりまして、
1幕目は「ホームライフ」。
堤真一さん(ピーター)と小泉今日子さん(アン)が夫婦役で登場。
「話があるんだけど」というアンのひと言から物語は始まります。
2幕目は「動物園物語」。
堤真一さん(ピーター)と大森南朋さん(ジェリー)が登場。
セントラルパークのいつものベンチにやってきたピーターに
ジェリーが「動物園に行ってきた」と話しかけて物語が始まります。


私の観劇1日目は25日(金)の夜公演。
席はXR列、つまり舞台上手側のサイドブロックでした。
サイドブロックは2列しかなかったのですが、
私はその前の方の列でした。(つまり舞台に非常に近い)
サイドブロックだから南朋さんの後姿しか見れなかったりして・・・
なんて不安もありましたが、そんな不安は軽く裏切られました。
ピーターとベンチで会話しているときなんて、
ピーターが上手側に座っているので、
ジェリーは上手側を向いて会話するのです。
つまり私のほぼ真正面に南朋さんの顔が見えた状態でして・・・
また上手側にはベンチがあり、南朋さんはベンチの上でお芝居する
ことが多かったので、それもウレシかったですね~♪
終盤、南朋さんの顔から汗が滴り落ちるのが見えたときは
まさしく“熱演”だな~と思いました。

ジェリー(南朋さん)の衣裳は、ちょっと薄汚れた感じですけど、
可愛らしいんです。(衣裳は伊賀大介さん)
その可愛らしい部分がちょっと悲しく感じられるところもあったりして、
南朋さん演じるジェリーによく似合っていたように思います。


観劇2日めはやや後方の席(下手側)で舞台を正面から観ました。
サイドブロックの席からは見えなかった舞台美術などがわかり、
違った面白さを感じられました。
二日間で異なった方向から舞台を観ることができて、
とてもラッキーだったと思います。

この「動物園物語」、7、8割がジェリーのセリフなのです。
あの膨大なセリフを覚えるのは相当大変だったんじゃないかと・・・
と同時に、役者さんてスゴイな~とあらためて思っちゃいましたね。


久しぶり(約2年ぶり)に観た“生”南朋さんは
本当に本当に素敵♪でした。
セリフも聞き取りにくい部分はありませんでしたし、
(2年前よりも確実に進歩してる!?)
何より南朋さんて舞台栄えするな~と思いました。
もっと舞台に出て欲しい・・・と個人的に思っています。



終演後は南朋さんファンの先輩であるシルクさんにお会いしました。
私のまわりには南朋さんファンがいませんし、
ましては南朋さんの話が出来る人がいないので、
終演後にシルクさんといろいろお話ができたことが
とてもウレシかったです。

シルクさんもご自身のブログに書いていらっしゃいますが、
このお芝居、当日券もあり、立見席もあるようですので、
東京にお住まいの方はぜひ劇場に足をお運びくださいませ。
チャーミングだけどちょっと悲しいジェリーに
会いに行ってください。
“哀しみ”を表現できる南朋さんだからこそのジェリーが
観れると思います。
スポンサーサイト
プロフィール

magenda

Author:magenda
大森さん演ずる鷲津政彦にハートを鷲掴みされちゃいました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。